ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

許認可の引き継ぎ

2015年12月8日


2015年12月8日(火)

 

こんにちは。井上です。

 

さて、先日産業廃棄物処分業を営むお客様(A様)から、許認可の承継について下の問い合わせを頂きました。

「処分業の許認可ごと、工場をBに売却したいのだけど、それは可能ですか。」

 

産業廃棄物処分業を含む許認可は通常、承継はできません。そのため、A様は産業廃棄物処分業許可を廃止し、BがA様の施設を使用し、新規許可申請を行う必要があります。

しかし現実には、産業廃棄物処理業を新規で取得するのは、大変難しくなっています。

 

例外的に、BがA様を吸収合併する場合とA様が自社の株式をBに譲渡し、A様がBの子会社になるという扱いでしたら、産業廃棄物処分業については許認可の承継が可能です。(厳密には株式譲渡の場合は単なる変更届出で済みます。)

 

しかし、A様は産業廃棄物処分業の他にも、一般貨物自動車運送事業、一般労働者派遣事業等を営んでおり、上記の選択は不可能です。A様がBに処分業と工場のみを売却するには、会社を分割する必要があります。

 

会社を分割すると、以下のような状態となります。

 

旧A:産業廃棄物処分業、一般貨物自動車運送事業、一般労働者派遣事業等

新A:許認可なし

 

この状態であれば、旧Aが持つ許認可ごと、Bに売却することは可能です。しかし、新Aは全ての許認可を新規で取得し直す必要があります。

法人番号も変わりますし、営業を存続すること自体が難しくなると思います。ここまでする

 

明日はA様をご訪問です。どのような対応になっても、真摯に対応していこうと思います。

 

井上

 

  • 井上 駿佑

関連記事

【医療法人(東京都)】令和2年度 医療法人設立年間スケジュール... こんにちは。医療法人担当の菅原有里です。 さて、東京都の令和2年度の医療法人設立に係る年間スケジュールが7月1日付で公開されました。 東京都福祉保健局 医療法人設立、解散、合併認可等に係る...
【建設業許可】提出書類の簡素化について 梅雨に入り、雨の日が続いております。体調管理が難しいですが、疲れが出ないよう規則正しい生活を心がけなければなりませんね。   さて、現在、神奈川県建設業許可更新申請の書類作成を行っております。 ...
【建設業許可】よくある質問回答コーナー いよいよ関東も梅雨入りが発表され、夏の雰囲気が漂い始める時季となりましたね! 今週は建設業許可について、お電話でご質問を頂くことが多いものに回答していきたいと思います。 建設業の本店(主たる営業所...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談