ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

許認可の引き継ぎ

2015年12月8日


2015年12月8日(火)

 

こんにちは。井上です。

 

さて、先日産業廃棄物処分業を営むお客様(A様)から、許認可の承継について下の問い合わせを頂きました。

「処分業の許認可ごと、工場をBに売却したいのだけど、それは可能ですか。」

 

産業廃棄物処分業を含む許認可は通常、承継はできません。そのため、A様は産業廃棄物処分業許可を廃止し、BがA様の施設を使用し、新規許可申請を行う必要があります。

しかし現実には、産業廃棄物処理業を新規で取得するのは、大変難しくなっています。

 

例外的に、BがA様を吸収合併する場合とA様が自社の株式をBに譲渡し、A様がBの子会社になるという扱いでしたら、産業廃棄物処分業については許認可の承継が可能です。(厳密には株式譲渡の場合は単なる変更届出で済みます。)

 

しかし、A様は産業廃棄物処分業の他にも、一般貨物自動車運送事業、一般労働者派遣事業等を営んでおり、上記の選択は不可能です。A様がBに処分業と工場のみを売却するには、会社を分割する必要があります。

 

会社を分割すると、以下のような状態となります。

 

旧A:産業廃棄物処分業、一般貨物自動車運送事業、一般労働者派遣事業等

新A:許認可なし

 

この状態であれば、旧Aが持つ許認可ごと、Bに売却することは可能です。しかし、新Aは全ての許認可を新規で取得し直す必要があります。

法人番号も変わりますし、営業を存続すること自体が難しくなると思います。ここまでする

 

明日はA様をご訪問です。どのような対応になっても、真摯に対応していこうと思います。

 

井上

 

  • 井上 駿佑

関連記事

【宅建業免許】取得に必要な準備「宅地建物取引士」... こんにちは。安田です。 さて今日は、近頃多くお問い合わせを頂く、宅建業免許についてお話しさせて頂きます。 宅建業を行う場合は、個人であっても法人であっても、必ずあらかじめ「宅建業免許」を受けること...
【ビザ申請】技術・人文知識・国際業務のモデルケース... こんにちは。井上 駿佑です。 さて、今回からは3回にわたり、在留資格についてお伝えしていこうと思います。 その第一回目は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に焦点をあてていきます。 技術・人文...
システム導入までの道のり日記① こんにちは、土田です。 私は、主に保育園や法人設立などを担当していますが、最近は、”システム導入担当者”としても業務の合間をみつけて細々と活動しています。 システムを導入するってどういうこと?行政...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談