ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > お知らせ(選定記事表示)

お知らせ:選定記事表示

サムネイル画像なし表示

2014年9月16日

【カテゴリー:】

法人タクシーの譲渡譲受

タクシー

都市型ハイヤー

M&Aによる地位承継はスピードが命です!

法人タクシーの譲渡譲受

法人タクシーは首都圏を中心に現在総量規制を受け、法人タクシーの新設及び増車ができない状態にあります。
この総量規制に対抗できる手段として、既存の法人タクシー会社の車両を譲受し、車両を増車する「車両の譲渡譲受」の手法が行われています。

一般に事業承継(M&A)の方法には、合併・営業譲渡・会社分割等がありますが、法人タクシーの許可は、当事者の譲受譲渡契約だけで、譲渡会社の車両を譲受会社に移転し、増車することが出来るのです。

手続きの流れ

  • 1. 譲渡譲受契約書の作成
  •    ↓
  • 2.許可申請・運賃認可申請
    資金調達能力(残高証明書)、任意保険、車検証等必要、道路幅員証明書
    ※車庫の収納能力に注意!!
  •    ↓
  • 3.役員の法令試験受験(試験合格後に書類審査が開始)
    ※譲受会社が許可業者の場合は免除されます。
  •    ↓
  • 4.運輸局の書類審査
  •    ↓ (申請から約3ヶ月)
  • 5.許可書の交付
    連絡書の発行申請、運行管理者の選任届
  •    ↓ (許可書の交付後4ヶ月以内)
  • 6.終了届出
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談