ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

【建設業許可】電気工事の許可があるのに電気工事ができない・・・!?

電気工事の許可があるのに電気工事ができない

2018年11月28日


こんにちは。安田です。
早くも街中ではクリスマスの飾り付けを目にするようになり、本格的な冬の訪れを感じる季節となりました。

さて、タイトルの電気工事の許可について、不思議に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「建設業の許可≠自社で電気工事ができる」

基本的には、建設業の許可を取得すれば、(取得した許可の業種については)500万円以上の工事を自社で請け負うことができます。建設業の許可要件は比較的厳しいため、様々なハードルをクリアして許可を手にしている以上、当然の事のような気もしますよね。

但し、「電気工事」については、建設業の許可を持っている=自社で電気工事ができるとまでは言えないのです。

電気工事業の「許可」と「登録」の違い

実際に電気工事の施工を行うためには、建設業の許可とは別に電気工事業の“登録”を受ける必要があります。逆に、建設業の許可を持っていなくても、電気工事業者の登録を受けていれば(500万円未満の工事であれば)原則施工が可能です。

登録の主な要件として、「主任電気工事士」を営業所ごとに置く必要があり、主任電気工事士は、

「第一種電気工事士」の免状の交付を受けている者
または
「第二種電気工事士」の免状の交付を受けた後、電気工事に関し3年以上の実務経験を有する者

でなければなりません。

「専任技術者」の要件(建設業法)をクリアしていても、“登録”に必要な「主任電気工事士」の要件(電気工事業法)を満たしていないケースもあるということです。

尚、建設業の許可(※電気工事以外の業種の許可でも可)をお持ちの会社の場合、電気工事業の開始届出を行うことで“みなし登録電気工事業者”として登録され、5年ごとの建設業許可の更新の際に、変更の届出を行うことになります。(建設業の許可をお持ちでない会社の場合は、基本的には「登録電気工事業者登録」を行い、5年毎に登録の更新を行う必要があります。)

自社での電気工事の施工をお考えの場合、建設業の許可の取得の必要がなくとも、電気工事業者の“登録”は必須となりますのでご注意ください。また、登録手続きにはいくつか種類がございますので、お悩みの際は是非ご相談くださいませ。

  • 安田

関連記事

【建設業許可】固定電話が無いと許可が取れない!?... 連日のコロナに関する報道で、いつもとは違った状況に少し不安を感じつつも、弊所では毎年恒例の真っ赤なハイビスカスが咲き、皆明るい雰囲気で仕事に取り組んでいます。 さて、近年は携帯電話・スマートフォンが...
【建設業許可】工事経歴書と直前3年の各事業年度における工事施工金額... こんにちは。今回は建設業許可の決算変更届の提出書類のうち、「工事経歴書」と「直前3年の各事業年度における工事施工金額」についてご説明したいと思います。 工事経歴書 工事経歴書は、建設業許可決算変更...
建設業許可の更新で気を付けること こんにちは。 さて、私は今、建設業許可更新の書類を作成しております。 建設業許可の有効期間は許可取得日から5年間です。 更新の手続きは有効期間が過ぎる前に必要書類を揃えて提出しなければなりません...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談