ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

【解体業】経過措置終了まで約1年。解体工事業の許可失効にご注意を!

<経過措置終了まで約1年>解体工事業の許可失効にご注意を!

2020年3月6日


こんにちは。安田です。
解体工事業の技術者要件に関する経過措置が、終了まであと1年ほどとなりました。

令和3年(2021年)3月31日までの間は、とび・土工工事業の技術者(平成28年5月31日時点で既存の方)も解体工事業の技術者とみなされ、許可を申請することができたため、みなしの専任技術者で解体工事業の許可を取得された建設業者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

みなし技術者のままでは解体工事の許可は継続できない

みなしの専任技術者で解体工事業の許可を申請(業種追加を含む)している場合、その有効期限は令和3年(2021年)3月31日までとなり、それまでに必ず要件に合致した専任技術者への変更が必要となります。

みなしの技術者と認められる資格等は様々ありますが、例えば、平成27年度以前に2級土木施工管理技士(土木)に合格した資格者の場合、2021年3月31日までに要件に合致した専任技術者を立て、かつ変更の届出を行わなければなりません。

なお、同じ方をそのまま専任技術者とする場合は、解体工事に係る1年以上の実務経験を証明するか、「登録解体工事講習」を受講(修了証原本の提示が必要)し、有資格区分の変更の届出を行う必要があります。

変更手続きをしないとどうなるのか

期限までに専任技術者について変更手続きを行わなかった場合は、解体工事業について廃業の届出事由に該当します。また、廃業届を提出しなかった場合、解体工事業の許可については取消の対象となりますので、十分にお気を付けください。

  • 安田

関連記事

【建設業許可】主任技術者と監理技術者その2... こんにちは。前回に引き続き主任技術者と監理技術者についてお話ししますが、 〇〇技術者が3つ出てきてややこしくなってきたと思いますので、整理していきましょう! 専任技術者 「建設業を営む営業所...
登録電気工事業者登録について 今日はお問い合わせ頂くことの多い、『登録電気工事業者登録』についてお伝えします。 以前もブログで触れているように、電気工事の施工を行うためには、電気工事業の“登録”を受ける必要があります。   前...
【建設業許可】標識の掲示義務について こんにちは。 梅雨が明け、一気に暑くなりました。今年は梅雨が長く7月も涼しい日が多かったので、体が暑さに慣れるまでしんどいですね。 さて、建設業法第40条の規定により、建設業者は、その店舗及び現場...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談