ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

建設業許可上の財務諸表について② ~原価報告書~

建設業許可上の財務諸表について② ~原価報告書~

2020年5月20日


今回は建設業許可の決算変更届の提出書類のうち、「原価報告書」についてご説明します。

建設業では「完成工事原価報告書」と呼ばれますが、“建設業許可上の財務諸表について① ~貸借対照表と損益計算書~”で触れた、損益計算書のなかでは合計して表記されている売上原価の内訳を記載したもので、損益計算書の補足資料のようなものといえます。

完成工事原価報告書では、原価を4つに分類して考えます。

a.材料費

建設資材購入費など、工事に必要な材料に係る費用です。(期首期末の仕掛品や棚卸高を差し引きして計算します。)

b.労務費

雇用形態に関わらず、自社で直接雇用する現場作業員の給料賃金など、工事に係る労働力の費用が該当します。

c.外注費

工事を他社に外注した場合の費用がこれに当たります。
ただ、労務費の性質を持つ場合は「労務外注費」としてbに含まれることがありますので注意が必要です。

d.経費

工事に係る費用のうち、a,b,cに該当しないものは経費になります。事務員や技術管理者などの給与はここに算入します。

 

この4つの合計額が損益計算書の完成工事原価として表示されるわけです。それぞれの費用をきちんと計算することが大切です。

  • 長屋 弘子

関連記事

【建設業許可】主任技術者と監理技術者その2... こんにちは。前回に引き続き主任技術者と監理技術者についてお話ししますが、 〇〇技術者が3つ出てきてややこしくなってきたと思いますので、整理していきましょう! 専任技術者 「建設業を営む営業所...
登録電気工事業者登録について 今日はお問い合わせ頂くことの多い、『登録電気工事業者登録』についてお伝えします。 以前もブログで触れているように、電気工事の施工を行うためには、電気工事業の“登録”を受ける必要があります。   前...
【建設業許可】標識の掲示義務について こんにちは。 梅雨が明け、一気に暑くなりました。今年は梅雨が長く7月も涼しい日が多かったので、体が暑さに慣れるまでしんどいですね。 さて、建設業法第40条の規定により、建設業者は、その店舗及び現場...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談