ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

【建設業許可】よくある質問回答コーナー

建設業許可

2020年6月17日


いよいよ関東も梅雨入りが発表され、夏の雰囲気が漂い始める時季となりましたね!
今週は建設業許可について、お電話でご質問を頂くことが多いものに回答していきたいと思います。

建設業の本店(主たる営業所)というのは、法人の登記上の本店のことですか?

建設業の場合、必ずしも登記上の本店=建設業の主たる営業所というわけではありません。
建設業の「営業所」とは、基本的に常時建設工事の請負契約締結等の実体的な業務を行っている事務所のことを言います。
したがって、登記上の本店であっても、実体がない場合はそもそも建設業の営業所にあたりません。作業所、詰所なども営業所にはあたりません。

個人事業主から法人成りしたのですが、許可は引き継げますか?

許可の引継ぎはできません。新たに法人として新規申請する必要があります。(新しい許可番号が付与されます。)法人成りした際は、個人の廃業届も忘れずに届け出てくださいね!

「経営業務の管理責任者証明書」や「実務経験証明書」に、以前の会社の代表社印がもらえそうにありません。どうしたら良いですか?

専任技術者が不在となる場合、後任者がいなければ許可要件を満たさないことになるため廃業事由となります。1日も空白期間のないように要件を満たす後任者を立て、専任技術者の変更手続きを行う必要があります。
尚、東京都の場合、前任者と後任者の在籍が継続していることが保険の加入状況等で厳格にチェックされますので、前任者の被保険者資格の喪失日等も充分確認してくださいね!

2社で役員になっているが、両方で経営業務の管理責任者になることはできますか?

経営業務の管理責任者は「常勤」する必要があるため、2社で経営業務の管理責任者になることはできません。一方で経営業務の管理責任者(常勤)になり、もう一方の会社に非常勤の役員として残ることは可能です。その場合は、非常勤となる会社の「非常勤証明書」を提出すること等が必要となります。(東京都の場合)

 

今後も、ご質問頂くことの多かったものを随時紹介していきますね!

  • 安田

関連記事

【建設業許可】提出書類の簡素化について 梅雨に入り、雨の日が続いております。体調管理が難しいですが、疲れが出ないよう規則正しい生活を心がけなければなりませんね。   さて、現在、神奈川県建設業許可更新申請の書類作成を行っております。 ...
【建設業許可】決算変更届に添付する納税証明書について... 「納税証明書」についてご説明します。 まず1番に注意したいのは、証明書の種類です。 大臣許可と知事許可、事業者が法人か個人かなどによって添付する納税証明書が異なります。 弊所のお客様も多い東京都...
【建設業許可】役員変更の前に確認を! こんにちは。6月に入り、株主総会を開催される会社も多いようです。 弊所にも、役員変更のため建設業許可の変更手続きに関するご依頼・お問合せが続いています。 建設業許可をお持ちの方は、役員変更をした場...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談