ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

【建設業許可】押印書類の廃止について

印鑑廃止

2021年1月29日


こんにちは。
年が明けて、早くも1か月が経ちました。早いものですね。

さて、押印を求める手続きの見直し等のため建設業法施行規則の一部が改正され、令和3年1月1日から施行となりました。

この改正により、
建設業許可の申請・届出において、法定様式への法人印の押印が原則不要になりました。

新規申請の場合でも、押印なしで提出できるのはすごいですね。

ただし、下記の場合は、押印は不要ですが本人確認書類が必要となりました。

 ・廃業届(全部/一部)
 ・従たる営業所の廃止
 ・建設業許可証明(確認)願

尚、神奈川県知事許可業者の場合は、廃業届(全部/一部)と従たる営業所の廃止については、押印が必要です。(令和3年1月27日現在)

また、提出期限を過ぎて届出等を行う場合は、大臣許可業者の場合、原則は法人印の押印のある顛末書の提出が求められます。

東京都、千葉県、埼玉県の押印の取扱いについては、既にホームページにも掲載されていますのでご覧ください。

▼東京都  

https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/kenchiku/kensetsu/pdf/ouinhaisioshirase.pdf

▼千葉県

https://www.pref.chiba.lg.jp/kenfudou/tetsuzuki/documents/ouinnnminaosi.pdf

▼埼玉県

https://www.pref.saitama.lg.jp/a1002/documents/r30101henkouten.pdf

“いつかは押印がなくなる”と言われていましたが、一気に変更となりましたね。
全ての手続きが電子申請になるのも、そう遠くはなさそうです。

  • 北山 恵子

関連記事

専任技術者の変更手続きについて こんにちは。 先日、都庁へ専任技術者変更の書類を提出してきました。 専任技術者の要件として、  常勤・専任であること 必要な資格もしくは実務経験を有していること 上記を証明するこ...
【建設業許可】変更届出について こんにちは。 早くも花粉が飛び始め、花粉症のスタッフは少し辛そうですが、 暖かい春の陽ざしを感じられるは、やはりありがたいですね。 私は今、建設会社の役員就退任に係る変更届出書類を作成しています...
【建設業許可】郵送提出が可能な申請・手続きについて ~北海道・東北編~... 弊事務所では、原則全国どちらでも許認可申請のご相談・ご依頼を承っているため、現在のコロナの影響も踏まえ、全国的に申請・届出方法がどのようになっているのかを随時確認しています。 今回は建設業許可につい...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談