ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

確定申告書の原本がない場合

2016年6月14日


こんにちは。

先日私は建設業新規申請のお客様のもとへお伺いしました。雨風が強かった昨日とは全く異なり、日差しも強く、とても暑い日でした。

 

建設の新規申請書類は、お客様のケースにより確認資料として確定申告書や通帳の原本が5年分必要となります。

 

5年分となると量ももちろん多くなりますが、少し前の書類にもなるので、5年分をすぐにご用意するのも難しいことがございます。

例えば直近3年分の原本はあるが、4年前5年前のものが見当たらない等、あるかもしれません。

今回のお伺いしたお客様にもご案内させて頂きましたが、確定申告書の原本を紛失している場合でも税務署に請求すれば方法はございます。

但し、この場合お時間がかかる為、他の書類の有効期限との兼ね合いに十分注意しなければいけません。

 

建設の新規申請は用意する書類も多く、全て細かく確認される為弊所ではその都度、お客様のケースに合ったご案内をするようにしております。

 

建設業新規申請のご相談も是非弊所へご相談下さいませ。

  • happiness

関連記事

【建設業許可】解体工事業を追加したい! こんにちは。安田です。 花屋の店先で赤や白のポインセチアが誇らしげに並んでいるのを見かけると、厳しい寒さも心なしか和らぎます。 「解体工事業」の新設 さて、約40年ぶりに建設業許可の業種区分が見...
【建設業許可】電気工事の許可があるのに電気工事ができない・・・!?... こんにちは。安田です。 早くも街中ではクリスマスの飾り付けを目にするようになり、本格的な冬の訪れを感じる季節となりました。 さて、タイトルの電気工事の許可について、不思議に思われた方もいらっしゃる...
【建設業許可】決算変更を忘れてしまったら・・?... こんにちは。安田です。関東はまた少し暑さが戻り、日中は汗ばむ気候が続いていますね。それでも先日、地元秋田の金足農業高校の素晴らしい試合に勇気と感動をもらい、まだまだ残暑に負けずに頑張れそうです!さて、...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談