ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

産業廃棄物収集運搬業と処分業の境目

2016年8月9日


2016年8月9日(火)

 

おはようございます。井上です。

 

さて、今回は産業廃棄物収集運搬業と処分業の微妙な境目について、お話します。

 

先日、千葉県と東京都で産業廃棄物収集運搬業の新規許可申請を行いました。

産廃の種類は「汚泥」で、主にカッター工事により排出されるアスファルトやコンクリート混じりの水をバキュームで吸い込み、収集運搬するという内容でした。

 

問題だったのは収集運搬に使用する容器(機械)及びその方法で、業者様は吸い取ったアスファルト粉等が混じった水を脱水し、水と脱水ケーキと呼ばれる紙粘土状のものに分離させ、運搬するという方法を検討しておりました。

 

しかし、その「脱水」という過程が処理に該当し、中間処分業の許可が必要になる恐れがあり、千葉県は事前の確認で、処分業は不要との見解を示して頂きましたが、東京都は処理に該当する可能性があるとの見解でした。

 

そのため、業者様と相談し、脱水の過程は行わず、あくまでも汚泥をそのまま運搬するという方法で申請を行い、無事受理をして頂きました。

 

このように、収集運搬業は自治体によって見解が異なります。

 

産業廃棄物収集運搬業の申請についても、弊所は得意としております。

 

ぜひ、お申し付けください。

 

井上

 

 

  • 井上 駿佑

関連記事

【産業廃棄物収集運搬業許可】法律の施行に伴う「登記されてないことの証明書」の取り扱いの変更について... コロナも未だ収束せず、まだまだ気を緩めないように生活しないといけませんね。 さて、成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律が、令和元年6月14日に公布され...
【産業廃棄物収集運搬業許可】コロナの影響による産廃申請の取り扱いについて... こんにちは。 コロナの影響で緊急事態宣言が出され、様々なところに影響が出ております。 現在、産業廃棄物収集運搬業更新の書類を作成しておりますが、その提出書類として「講習会修了証の写し」が必要となり...
複数の都道府県をまたいで産業廃棄物を運びたい!許可はどこで取るのか!?... こんにちは。そろそろ彼岸の入りですね。 暑さ寒さも彼岸までという言葉通り、暖かい日が増えてきました。とはいえ、まだ朝晩の気温差が大きいので、皆さま風邪などひかないように気を付けてお過ごしください。 ...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談