ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

海外在住の場合(千葉県)

2016年3月28日


2016年3月28日(月)

 

おはようございます。柴本です。

今日は朝から不安定なお天気となりました。弱く日が差したかと思えば、雨が本降りになったり。外出するみなさま、どうか傘を置き忘れないよう注意してください。

 

さて、今日は建設業許可において非常勤取締役が海外に在住していたら・・・というケースです。

千葉県での申請予定のお客様のケースなのですが、非常勤取締役について必要書類は3つです。

①住民票②身分証明書③登記されていないことの証明書

 

海外在住の場合、①住民票の取得ができないことになります。

したがって、代替書類を用意する必要があります。

この場合は、最小限として必要な立証情報は「海外へ在住している」という点です。実際の海外の住所地まで記載されていれば、なおよしといった感じですが必須ではありません。

なかなかなじみのない書類になりますが、住所の移転を表す書類として住民票以外に「戸籍の附表」があります。

 

住民票の場合、記載される住所移転数に限りがあるため、住所の移転の経緯を表す資料として使うのには限界があって、いざ取得してみたら、欲しい情報がのっていないということも考えられます。

それに対して戸籍の附表は、基本的に住所地の移転がすべて記載されますので、こういった場合は非常に便利。

なかなかとる機会の少ない証明書ですが、今後覚えておくと役に立ちそうな証明書。

 

ちなみに、外国籍の場合は上記②身分証明書の取得ができません。

 

柴本

 

  • happiness

関連記事

【建設業許可】解体工事業を追加したい! こんにちは。安田です。 花屋の店先で赤や白のポインセチアが誇らしげに並んでいるのを見かけると、厳しい寒さも心なしか和らぎます。 「解体工事業」の新設 さて、約40年ぶりに建設業許可の業種区分が見...
【建設業許可】電気工事の許可があるのに電気工事ができない・・・!?... こんにちは。安田です。 早くも街中ではクリスマスの飾り付けを目にするようになり、本格的な冬の訪れを感じる季節となりました。 さて、タイトルの電気工事の許可について、不思議に思われた方もいらっしゃる...
【建設業許可】決算変更を忘れてしまったら・・?... こんにちは。安田です。関東はまた少し暑さが戻り、日中は汗ばむ気候が続いていますね。それでも先日、地元秋田の金足農業高校の素晴らしい試合に勇気と感動をもらい、まだまだ残暑に負けずに頑張れそうです!さて、...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談