ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

宅建業免許 事務所の要件

2015年8月19日


こんばんは。井上です。

 

先日、東京都で宅建業免許の新規申請を行い、本日、無事に免許が下りました。

 

宅建業の免許で注意する点はやはり事務所です。同一フロアに他法人が同居している場合や、一般の戸建住宅の一部を事務所とする場合は「独立性」が求められるので、高さ180cm以上のパーテーションで区切ったり、ドアを設置するなどして明確に区分された空間を確保する必要あります。この決まりは以前から、ございましたが、今回は写真の撮り方、平面図について指摘を受けました。

 

従前はビルの内部に事務所がある場合でも、テナント表示の写真、事務所内の平面図があれば、特にその他の資料は求められませんでしたが、今回の申請では、フロア内配置図及び写真も追加で求められました。

手引きにも記載がない指摘でしたが、新しい手引きには記載されるとのことです。

この経験を、次の申請で活かしていければと思います。

 

井上

 

  • 井上 駿佑

関連記事

【古物商許可】失効に注意!古物営業法改正で気を付けること... こんにちは。安田です。 古物商の許可をお持ちの皆様、今年2018年4月25日に古物営業法の一部を改正する法律が公布されたのは既にご存知でしょうか? この改正は施行日が2段階に分かれており、「営業制...
【建設業許可】解体工事業を追加したい! こんにちは。安田です。 花屋の店先で赤や白のポインセチアが誇らしげに並んでいるのを見かけると、厳しい寒さも心なしか和らぎます。 「解体工事業」の新設 さて、約40年ぶりに建設業許可の業種区分が見...
第四回 医療法人の健全な維持・運営のための第一歩。定款内容を確認しましょう!... 皆さまこんにちは。 医療法人担当の吉田真美です。本日は、定款を確認されることの重要性について書かせていただきます。 定款の重要性 組織(法人)のルールブックとして、日本では「定款」というものを持...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談