ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

在留資格変更許可申請

2017年6月1日


平成29年6月1日(木)

 

こんにちは。井上です。

 

今日から6月です。なぜ6月だけ国民の祝日がないのか(去年から8月には山の日が制定されました。)気になっています。

 

さて、本日は在留資格の変更許可申請についてお伝えします。

 

在留資格は実際の活動内容に即している必要があります。

 

例えば、「技術・人文知識国際業務」の在留資格を持っている方が、取締役として会社の経営に携わりたい場合は「経営・管理」の在留資格に該当するので、在留資格変更許可申請を入管に申請する必要があります。

活動の実態は所持している在留資格の在留資格の範囲内である必要があります。

 

また、就労の在留資格を持っている方がアルバイトをする場合についてですが、「資格外活動」という許可があります。資格外活動許可は所持している在留資格の範囲外の活動で臨時的又は副次的に収益を得ることについて、許可をもらうための申請です。

 

就労系の在留資格をお持ちの方は限定的な許可(申請の際にどういった内容の資格外活動を行うか、具体的に示す必要がある。)となりますが、「留学」又は「家族滞在」の在留資格を所持している方については、包括的な許可(雇用先等が変わっても、その都度許可を取り直す必要がない許可形態)で申請時点では具体的な就労先が決まっていなくても、問題ありません。

 

次回は日本人の配偶者等について、お伝えできればと思います。

 

井上

 

 

 

 

  • 井上 駿佑

関連記事

第四回 医療法人の健全な維持・運営のための第一歩。定款内容を確認しましょう!... 皆さまこんにちは。 医療法人担当の吉田真美です。本日は、定款を確認されることの重要性について書かせていただきます。 定款の重要性 組織(法人)のルールブックとして、日本では「定款」というものを持...
【建設業許可】電気工事の許可があるのに電気工事ができない・・・!?... こんにちは。安田です。 早くも街中ではクリスマスの飾り付けを目にするようになり、本格的な冬の訪れを感じる季節となりました。 さて、タイトルの電気工事の許可について、不思議に思われた方もいらっしゃる...
第三回 医療法人を設立したら こんにちは。医療法人担当の吉田です。 本日は、医療法人を設立した後のお話をさせて頂きます。 先生方は、おそらく何が変わるのかよくわからないまま、税理士先生に「医療法人化しましょう!」と勧められ、な...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談