ハピネス行政書士事務所は、実績20年以上!許認可取得をしっかりサポートいたします。

03-3686-2366

Skype相談

お問い合わせ

HOME > スタッフブログ(選定記事表示)

スタッフブログ:選定記事表示

「留学」から「経営・管理」への在留資格の変更

2015年10月14日


2015年10月14日(水)

 

おはようございます。井上です。

 

秋晴れが続いていますね。湿度がかなり低くなっていますので、風邪には注意してください。

 

さて、7月の中順に申請を行っていた、中国の方の在留資格変更許可申請の結果が出ました。今回は「留学」から「経営・管理」への変更でしたが、学校への出席率がかなり低いという問題がありました。

 

しかし、ビジネスモデルが優れていて、内容の濃い事業計画書の作成が可能だった点、取引先との打ち合わせも進んでおり、事業に係る具体的な資料を用意できた点、何より資本が潤沢で、資本金の大きい会社を設立できたことなどが要因となり、変更の許可が下りたのだと思います。

 

また、出席率は低かったですが、成績自体はとても優秀で、学校の先生から推薦状を頂けたこともプラスになったかと思います。

 

在留資格の変更は入管指定の書類を用意しただけでは足りません。入管が申請者のどんな情報を求めているのか、それに先回りして、資料を用意することが肝心です。

 

 

お困りの際は、ぜひハピネス行政書士事務所にお申し付けください。

 

井上

  • 井上 駿佑

関連記事

【宅建業免許】取得に必要な準備「事務所」 こんにちは。安田です。 宅建業免許について、前回に引き続き、今回は宅建業の「事務所」についてお話しさせて頂きます。 宅建業の「事務所」は、所在地が免許権者を定める要素となっており、また、その数に応...
【宅建業免許】取得に必要な準備「宅地建物取引士」... こんにちは。安田です。 さて今日は、近頃多くお問い合わせを頂く、宅建業免許についてお話しさせて頂きます。 宅建業を行う場合は、個人であっても法人であっても、必ずあらかじめ「宅建業免許」を受けること...
【ビザ申請】技術・人文知識・国際業務のモデルケース... こんにちは。井上 駿佑です。 さて、今回からは3回にわたり、在留資格についてお伝えしていこうと思います。 その第一回目は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に焦点をあてていきます。 技術・人文...
遠方の方、詳しく知りたい方
資料ながら悩み解消
Skype相談